C S R 活動


~私たちにできること~

私たちは商品を通じて、お客様に異文化に触れる喜びや幸せを届けることを使命としてきました。

ここでご紹介することは、事業とは少し外れた、けれども、私たちにとって
とても嬉しくやりがいのある取り組みです。

トルコと日本の架け橋の一つであるセヴィンチエイト。
ゼロからのスタートで試みた直輸入・小売事業。
そういったある意味、少し変わった立ち位置にある私たちに、周囲の皆様がきっかけをくださることで
地域・社会貢献活動を行くことができました。

何者でもない私たちに注目し、奉仕する機会を与えてくださり
そして、誰かのお役に立たせてもらえることを大変ありがたく思います。

これからも、事業の枠を超えて、より良い社会を作る一助になりたいと思います。
 

ポップアップストアにおける消費者行動の研究 -大阪市立大学-

大阪市立大学の「ポップアップストアにおける消費者行動の研究」にインタビュー協力させて頂きました。
セヴィンチエイトでは、創業時よりポップアップストアを積極的に展開して参りました。
今回のインタビューでは、ポップアップストアにおける消費者の認知行動、
ポップアップストアの展開理由や効果など、様々な視点から実業務の様子をお話しさせて頂きました。

大阪市立大学 - ポップアップストアにおける消費者行動の研究協力

 インタビュアー:大阪市立大学 商学部 小沢ゼミ 
 上阪さくらさん、黒塚圭人さん、坂田純玲さん
 インタビューイー:弊社 代表取締役 小坂太紀惠
 (2021年10月)

 

トルコのことを伝えに、保育園に行ってきました -堀江敬愛保育園-


「アリババと40人の盗賊」の物語を読んだ子供達に本物を見せてあげたいという先生からオファーを頂き 
今回のボランティア活動に繋がりました。地域社会との新たな関わり方を得られて有意義な時間でした。

実際に保育園へ伺った参加したスタッフのコメントとその時の様子の写真をご紹介します。

保育園 トルコに興味を持ってくれた子供たちに会いに行き
トルコの紹介をして来ました!
子供たちは笑顔一杯で話を楽しく聞いてくれて
商品を見せると盛り上がって沢山質問してくれました。
トルコ語を教えようとしたら既に覚えた言葉を話してくれたりと、すごく楽しい時間でした。
トルコの品物を販売するだけではなく
トルコのことも知ってもらえて本当に嬉しかったです。
セヴィンチエイト イチテン
 
保育園


 

サステナビリティ

私達セヴィンチエイトは、
企業経済活動だけではなく
社会環境にも貢献する役割を果たすべきだと考えます。

資源の有効利用を促進し
自然破壊をなるべくゼロにするよう取り組みたいと考えます。

次世代に素晴らしい環境を残すために、自然との調和の中、努力して参りたいと思います。
 

-ゼロウェイストについて-

ショッピングバッグ
 2020年12月22日からトルコでゼロ・ウェイストプロジェクトが行われました。
 このプロジェクトでは、ビニール袋の製造におけるルールがいくつか決められました。
 プロジェクトに賛同する企業は、それを示すために左のロゴと、環境に対するスローガンを記載しなければなりません。
 我々セヴィンチエイトもこのプロジェクトに賛同し、トルコからレジ袋を輸入する際にはロゴが記載されたものを使用しています。
 
  • 新入荷・再入荷情報
  • 店舗情報
  • イベント情報
  • メディア紹介

カテゴリーから探す

モバイルショップ





カテゴリーから探す